読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学②、ハイジという先生について、prostitute

フィリピンでの授業はほとんどがワンツーマンということもあって、担当の先生達とは自然と懇意になった。なかでもハイジという先生とは色んな話をした。

とある日、いつもはニコニコしているハイジがなんだか浮かない顔をしているので、どうしたのか訪ねてみた。彼女は妹から電話があったのだと言った。彼女は(たしか)6人兄弟の次女だった。

「母がね、もし私が死んだらハイジを天国から呪うわ、って妹に言ったんだって。妹はそれを私に伝えるよう母から頼まれたんだって」

私は意味がわからなかった。なぜ母が娘を呪うのだ?ハイジは続けた。

「私の兄弟は全員もう結婚してるの。だから、親へ仕送りして面倒を見るのはまだ独身の私の役目だって言うのね。でも、私、お給料のほとんどを母に渡してるの。それでもまだ全然足りないって言うのよ、なぜそんなに足りないのかわからない」

お母さんは働いていないのか尋ねると、ハイジは首を振った。

「私は働けないんだって言うの。なんでかわからないけど…。でも私、まだ23歳よ。同僚はみんなお給料で好きなことをするのに、どうして私は自分で働いたお金を全部親にあげなきゃいけないの?」

そう呟きながら、虚空を見つめる彼女の大きな瞳にはみるみるうちに涙が溜まっていった。

「私には外国人の彼氏がいる。さおにも話したでしょ?それを母親に言ったら、あの人なんて言ったと思う?」

わからない、と私は目で返事をした。

「どうしてその彼氏からお金を取らないんだ、って。ねえ、さお。どうして私が好きな彼氏と寝て、それでお金を貰わなくちゃいけないの?」

眉根を寄せながら、ハイジはファック、と涙声で言った。

私は言ってはなんだが、すごく家族仲がいい。だからハイジにも両親の話や兄の話を沢山した。「さおは本当に家族が大好きなのね」と笑顔で言ったハイジ。いったいどういう気持ちで私の話を聞いてくれていたのだろうか。

台湾人の元彼のイヌも、ハイジのことを知っていた。私達は3人でもよく話をした。

フィリピン留学を終えて暫くした後、2人で食事をしているときにイヌが切り出した。

「さお、今から言うことは誰にも言っちゃいけないよ」

いつになく真剣なので、こちらも真面目な顔つきで、なにごとかと先を促した。

「ハイジはprostituteだ」

prostituteがどういう意味の単語だったか、思い出す前にイヌは続けた。

「俺さ、ハイジがやけに学校で有名だなあってことに気づいたんだよ。だって、みーんなハイジのことを知ってるんだ。だから、仲のいい先生に聞いてみた。なんでハイジはそんなに有名人なのか、って。そしたら、そういうことだったよ。ハイジが何人かの生徒とキスをしてるのを見た人がいるんだって」

私はフォークを持つ手を止めたまま、イヌの顔を見つめたまま、ただただ「どうして私が好きな彼氏と寝て、それでお金を貰わなくちゃいけないの?」と涙を流していたハイジのことを思い出していた。それは不思議な気持ちだった。イヌの言うことに腹が立ったとか、否定したいとか、そういう気持ちはなくて、只々「そういうこともあるかもしれない」、そして「それでも私はハイジと友達でいるんだろう」と、そう静かに思うだけだった。それが彼女の現実であり、私の現実でもあったのだ。

ハイジは学校の職を辞め、今はオンラインで生徒を持っているらしい。私にもレッスンを取らないか、との連絡があった。私はあいにく時間がないと断りを入れ、ハイジもそれを了承した。彼女は今日も一生懸命に生きているのだなぁと思った。もう2度と会わないかもしれないけれど、元気でいてほしいなと思う。